未分類

フェンシングの太田選手の強さの秘密

投稿日:2011年2月17日 更新日:

23.2.14
文責 髙橋

NHKの番組「アインシュタインの眼」でフェンシングの放送があった。
オリンピック銀メダリストの太田選手のテクニックなどを、ハイスピードカメラが克明に捉えて、彼の強さの秘密を分析していた。
彼は、長身の外国人の選手に如何に勝つかを工夫したと述べていた。

剣道の視点で見ていて、印象に残ったことをまとめてみた。
1 返しの剣の早さ
  相手の剣を払うのではなく、下から巻きあげて突きを返す。突かれるリスクは大きくなるが、確実に相手の剣を払うことができる。返す剣を使う時は、相手が突きを入れてくるように、誘うようにする。相手の剣を巻き上げる位置は、突いてきた剣先が自分の体に近い位置にする。こうすると突きの動作を変更できなくなっている。返す動作は手首の返しだけで行う。

2 得意技の「放り込み」で相手の左肩、右肩、右腋を連続して突いた時の動作の特徴
  手首を使って3点を連続して突いているが、顔の位置が全くぶれていない。眼も動いていない。剣道で言う遠山の目付である。

3 速い突きの動作
  太田選手の突く時のひじの位置の上下の動きが少ない。肘を動かすと突きの動きが遅くなるとのこと。剣道でも八相の構えから打ち込む時に、剣の振りを速くするために、左肘を上下させないで打つことを強調している流派がある。

4 足捌き
  フェンシングでは突いたら直ぐに引く動作になるので、突いて後退する相手を逃がさないようにするため、「下がる・出る」を瞬時に行える強い足腰を鍛えておく。

5 勝負に勝つため
  苦手な相手を作らない。

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本剣道形の研究

H21.2.26 文責  高橋 通  日本剣道形の解説書には形の要領・指導上の留意点・経緯などが記されているが、各形の修練の目的・狙いが明らかにされていない。おそらくは、形が制定された当時は、各形の狙 …

no image

在りし日の剣道よもやま話

24.2.21 文責 髙橋 清田邦昭先生、鈴木先生、郡先生、清田(薫)先生、瀬戸先生と中華料理店にて 清田邦昭先生を囲んで、居合や剣道についてのお話を聞く機会があった。先生のお人柄から和やかで楽しい時 …

no image

6段審査体験記

19.8.26 高橋 通これから審査を受ける人になんらかの参考になれば良いと思って、体験記をまとめました。 1 前言 19.8.26(日)、長野市ホワイトリングで行われた6段審査に挑戦した。次に受検す …

no image

重職心得箇条②

文責 髙橋  ②では3条から8条までを載せる。特に、6条の「物の見方」や、8条の「どんなに忙しくとも、忙しいと言わない方がよい。リーダーが忙しいと言うのは恥である。」などは大いに考えさせられる。 3  …

no image

人間形成の道

        韓非子(その1)22.7.7文責 髙橋 <解説> 人間の本質を学ぶ書として、ある意味で東洋の韓非子(かんびし)、西洋のマキャベリは必読の書である。 韓非は前三世紀の初め、中国の戦国時代 …

-プロフィール-

-プロフィール-

名前:トオル先生

こんにちは!
プロフィールに写真を載せると言われたのですが、マンガにして貰いました。この方がピントはずれな事も平気で言えますので。
剣道を習っていて、フト是で良いのかなと思ったり、こうしたらどうだろうかと考えることがあるが、今更人に言えないで、そのままにしていて、そのうちにマアいいかとほったらかしにしている事って無いですか。
こうした時に、肩の力を抜いてお茶でもすすりながら、「是ってどう思う」と話せる部屋があれば良いなと思い、この部屋を作ってもらいました。
私が考えた事や、人に教えて頂いたことを少しずつ載せていきたいと思っています。批評は私に理解できるようにお願いします。