未分類

傷心の白鵬がつかんだ「心」

投稿日:2011年1月4日 更新日:

23.1.3
文責 髙橋

22年12月22日の読売新聞に載った記事に感動したので、概要を紹介する。
それは、不祥事で揺れた相撲界にあって、一人横綱として6場所中5場所で優勝した白鵬が語った「心」について、回顧されていた。

<記事>
・先輩横綱朝青龍が暴行問題で土俵を去った2月には、「心に大きな穴が開いている」

・3月には、維持員席の暴力団観戦や野球賭博で、相撲界は未曽有の危機に直面した。思わず言ったのが「国技をつぶす気か」、そして、傷心の名古屋場所前には「心に大きなひびができた」

・国技の威信を取り戻すため、孤軍奮闘した名古屋場所では、賜杯授与の自粛に悔し涙を流した。

・秋場所も全勝し、不滅と言われる双葉山の記録に挑戦する九州場所前には、「心技体の中で、心が一番難しい」

・2日目に早々に敗れたが、そこで崩れることなく、一年の納めの場所を5連覇で締めくくった後、「心と体が一つになるのに、時間がかかりました」

・激動の年をくぐり抜けて、たどり着いた確信は、「夢をつかむためには、運もいる。それを引き寄せるのが心。努力し頑張る心だと思う」

この記事を読んで、傷つき悩み苦しみ、大きなプレッシャーには挫折も経験し、それでも、横綱としての責任を全うし、また大きくなった白鵬を見ることができる。これは求道者の姿であると思う。

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人間形成の道 韓非子(その2)

韓非子(その2)22.7.22文責 髙橋  時代が変われば当然制度も変えるべきだと主張し、儒家の仁義の政治を古臭くて役に立たないと批判した韓非子は、次に君主に取り巻き法術を妨げている抵抗勢力を批判する …

no image

人間形成の道 韓非子(その4)

韓非子(その4)22.8.13文責 髙橋 君主は大臣や部下たちだけでなく身内も信頼できない立場である。一人で正しい決断をするために、君主の陥りやすい誤りを自ら理解するとともに、部下の操縦法も間違っては …

no image

兵法家伝書を読む(Ⅵ)

無刀之巻22.1.16文責 髙橋1 無刀之巻の概要 宗矩の父石舟斎宗厳が、上泉伊勢守の開示した太刀の間合を基にして、無刀取りを工夫考案した。無刀とは相手の刀を取ることを本意とすることではなく、刀を持た …

no image

有効打突について考える

22.7.13文責 髙橋 ○有効打突とは剣道試合審判規則に「有効打突は、充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるものとする」とある。これは有効打突の要件とい …

no image

K先生の剣道談話(宮原先生の聞き取り)

<H20年11月29日 とり一にて> 宮原先生からの聞き役 高橋文責   高橋 8段審査に臨んでの心構えなど、宮原先生が教えを受けた内容を、又聞きで聞いたので、内容が不正確になるのを怖れK先生の剣道談 …

-プロフィール-

-プロフィール-

名前:トオル先生

こんにちは!
プロフィールに写真を載せると言われたのですが、マンガにして貰いました。この方がピントはずれな事も平気で言えますので。
剣道を習っていて、フト是で良いのかなと思ったり、こうしたらどうだろうかと考えることがあるが、今更人に言えないで、そのままにしていて、そのうちにマアいいかとほったらかしにしている事って無いですか。
こうした時に、肩の力を抜いてお茶でもすすりながら、「是ってどう思う」と話せる部屋があれば良いなと思い、この部屋を作ってもらいました。
私が考えた事や、人に教えて頂いたことを少しずつ載せていきたいと思っています。批評は私に理解できるようにお願いします。