未分類

リーダーシップ Ⅰ-①

投稿日:2009年6月1日 更新日:

上に立つ人の心得 「重職心得箇条」を読む
文責 髙橋

昔の仕事柄、リーダーシップについて学びつつ実践してきたが、リーダーシップは社会人としても剣道人としても、日常の生活で役に立つことが多い。また、大池のOBの人達にも多少興味が有ると思うので、直接剣道には関係しないことだが、掲載することにした。
リーダーシップに関する著書の中でも、この「重職心得箇条」は、書かれている内容が全部で17条と少なく、しかもコンパクトにまとまっているので、初めての人でも取っつきやすい。また、大いに参考になると思うので、17条ある項目を、数回に分けて読んでいきたいと思う。

始めに
「重職心得箇条」について
著者は佐藤一斎、江戸末期(1772~1859)の人。美濃(今の岐阜県)岩村藩の家老の子。昌平黌(江戸幕府の学校)の塾頭(今なら東大の総長)となり、佐久間象山や山田方谷等に感化を与えた。安政6年に88歳で亡くなる。「重職心得箇条」の他、言志四録などが有名。
「重職心得箇条」は、佐藤一斎が岩村藩の家老の為に選定した17条の憲法ともいえる内容で、噂を間いて各藩がこれを競って写した。明治になって忘れられていたが、東大の図書館で原稿が発見され、安岡正篤氏がこれを世に広めてから、識者の間で注目されてきた。
17条には、次の内容が書かれている。
1 「人物」の条件とは
2 大臣の心得
3 時世につれて変えるべきは変える
4 「きまり」に拘らない
5 機に応ずるということ
6 活眼にて物を見る
7 小量の病
8 「世話敷と云はぬが能きなり。」 
9 刑賞与奪の権
10軽重・緩急の判断
11包容の心
12私心・私欲があってはならない
13抑揚の勢
14手数は省く事肝要
15風儀は上より起こる
16機事は密なるべけれども
17人君の初政は、年に春のある如きものなり
以下、本文に意訳・参考を付けたので味わっていただきたい。

「重職心得箇条」①

1 「人物」の条件とは
(本文)
重職と申すは、家國の大事を取計べき職にして、此重の字を取失ひ、軽々しきはあしく候。
大事に油断ありては、其の職を得ずと申すべく候。先づ挙動言語より厚重にいたし、威厳を養ふべし。
重職は君に代るべき大臣なれば、大臣重ふして百事挙るべく、物を鎮定する所ありて、人心をしつむべし、斯の如くにして重職の名に叶ふべし。又小事に区々たれば、大事に手抜あるもの、瑣末を省く時は、自然と大事抜目あるべからず。斯の如くして大臣の名に叶ふべし。凡そ政事名を正すより始まる。今先づ重職大臣の名を正すを本始となすのみ。

(意訳)
 重職というのは大事を取り扱う職なので、軽々しい人物では務まらない。重々しく威厳があって、大所高所から判断できる人でなければならない。
 重職はトップに代わって実務を行う立場なので、みんなの中心にどっしりとしていなければならない。そうすれば、情報や仕事もスムーズに流れていくし、難しい事柄も的確に判断し指示していけるので、部下も落ち着いて仕事に係れる。これでこそ重職の名に値する。
 目先の細かなことに気を奪われていると、大切なことにぽかをする。些細な事は省いて、大事なことに気を使っていれば大きな失敗はしないものだ。これでこそ大臣という。
 大臣重職と言うように、まずどっしりとせよ。

(参考) 
・重織・重役とは、「重」の字のようにドッシリとしていなければならない。
 東洋的な人物観では、重厚にして、威厳ある人を人物という。
 呻吟語という書物では、「深沈厚重なるは、これ第1等の資質。磊落豪勇なるは、これ第2等の資質。聡明才弁なるは、これ第3等の資質。」と言っている。
深沈厚重な人とは、どこか深みがあって、落ち着いている。厚みや重みがある人。
磊落豪勇な人とは、大きな石や大木がゴロゴロしているような線の太い人。
聡明才弁な人とは、頭がよく才があり、弁の立つ人。……頭の良い人は第3等の人物だ。なるほどと思う。

・真ん中でドッシリしていると、物事も定まり、人心も落ち着くものだ。良い組織には必ずそうした人が居る。

・大事・小事については、「小事こそ大切に」との言も多い。合わせ参考に。
例1 戦国武将語録 藤堂高虎
 小事は大事、大事は小事と心得べし。
 (つまらぬ事だと患って油断すると大事になる事がある。大事な時は慎重になり遇ぎてかえって失敗する事がある。)   
 例2 葉隠 山本常朝
 直茂公の御壁書に「大事の思案は軽くすべし。」とあり。一鼎の注には「小事の思案は重くすべし。」と致され侯。大事というは、2、3筒条ならではあるまじく侯。これは平生に詮議して見れば知れているなり。これを前廉に思案し置きて、大事に時取り出して軽くする 事と思はるるなり。兼ては不覚悟にして、その場に臨んで軽く分別する事も成りがたく、図に当たる事不定なり。然れば兼ねて地盤をすえて置くが「大事の思案は軽くすべし。」と仰せられ侯箇条の基と思はるるなり。         
 (「大事の思案は軽くすべし。」「小事の思案は重くすべし。」とは次のような理由だ。
大事と言うことは2,3箇在るかどうかだ。日頃から検討しておけば、いざというときにすぐ対応ができる。検討しておかないと大事なことに判断を誤ってしまう。しっかりと準備しておけと言うことだ。)

・政事は名を正すこと、大義名分を立てる事が物事の始め。

2 大臣の心得
(本文)
大臣の心得は、先づ諸有司の了簡を尽さしめて、是を公平に裁決する所其職なるべし。
もし有司の了簡より一層能き了簡有りとも、さして害なき事は、有司の議を用るにしかず。
有司を引立て、気乗り能き様に駆便する事、要務にて候。又些少の過失に目つきて、人を容れ用る事ならねば、取るべき人は一人も無之様になるべし。功を以て過を補はしむる事可也。又賢才と云ふ程のものは無くても、其藩だけの相応のものは有るべし。人々に択り嫌なく、愛憎の私心を去て、用ゆべし。自分流儀のものを取計るは、水へ水をさす類にて、塩梅を調和するに非ず。平生嫌ひな人を能く用ると云ふ事こそ手際なり、此工夫あるべし。

(意訳)
上に立つ者の心得とは、部下の能力を総て出さして、これを公平に裁決することだ。
 部下がアイディアを持ってきた時に、それよりも自分の方によい考えが有ったとしても、部下の案でも害が少ないと判断したら、部下の考えを採用したらよい。部下を立てて、やる気を出させることは上に立つ者の心得だ。部下の小さな失敗を咎めて、仕事から外してしまうと、そのうち仕事をさせる部下は居なくなってしまう。マイナス評価ではなく成功を評価するプラス評価の方がよい。また、賢才というほどではなくとも、その組織に相応しい能力を持っている者は居るはずだ。好き嫌いやえり好みを去って、人を使うべし。自分好みの人だけを集めて使うのは、水に水をさす様なもので、塩梅(あんばい)が良いとは言えない。平素嫌いな人を使い切ることが手際ということだ。良く工夫せよ。

(参考)
・色々な人を上手に使う事が重職の心得
 部下に意欲を持たせるためには、よく意見を言わせる、公平に裁く、部下の考えで仕事をさせる、評価をしてやる。今でもこの通り。

・小さな失敗であいつは駄目だと切り捨てずに、チャンスを与える度量が大切。
 よくあることは、今まで大きな活躍をしていた人が、たった一度の小さな失敗の ために、今までの成果の全てを否定されることだ。
 小過をもって大功を奪うな。

・適材適所、誰でも取り柄がある。
 人ザイについて、このような漢字が当てはまる。人財・人材・人在・人罪。人財といわれるような人物になろう。
 参照:西郷南洲遺訓より
 「人材を採用するに、君子小人の辨酷に過ぎる時(君子だ小人だと人物の評価を厳しく区分しすぎると)、かえって弊害あるものなり。なんとなれば開闢いらい(歴史始まって以来)世上一般に十に七八は小人なれば(ほとんどの人は小さなつまらない人間だから)、よく小人の情を察し、その長所をとり、これを小職に用い、その才芸をつくさしむべきなり。」

・好き嫌いで人を使わない。
 自分に近い考えの者ばかりを使うのは、「水に水さす類」、意外な成果は出てこない。
 色々な考え方を持ったメンバーで仕事をすると、思わぬ成果が上がる。最近は異業種間で共同して取り組むことがはやっている。

・「塩梅を調和する。」普通は按配。

・「平生嫌いな人を能く用いるという事こそ手際なり。この工夫あるべし。」
 これ名言、使う人の器量が分かる。

―②に続くー

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7344083275312438″
data-ad-slot=”7439188934″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

兵法家伝書を読む(Ⅳ)

活人剣(かつにんけん) その121.12.27文責 髙橋  1 活人剣の概要いよいよ難解な活人剣の巻に入る。前に書いたように、柳生石舟斎宗厳(むねよし)は「没滋味手段口伝書」に、「当流に構太刀を皆殺人 …

no image

フェンシングの太田選手の強さの秘密

23.2.14文責 髙橋 NHKの番組「アインシュタインの眼」でフェンシングの放送があった。オリンピック銀メダリストの太田選手のテクニックなどを、ハイスピードカメラが克明に捉えて、彼の強さの秘密を分析 …

no image

重職心得箇条③

文責 髙橋 重職心得箇条③は、9条から12条までを掲載します。9条の刑賞与奪の権は上に立つ者の専管事項。使い方はリーダーの永遠のテーマ。10条の物の見方。12条の人の意見を採用する度量など味わっていた …

no image

リーダーシップ 2

上に立つ者の道32箇条 岩澤 正二(マツダ相談役)文責 髙橋6月3日は大池剣友会の稽古日。そこで、横浜の防具専門店の或る社員に会った。「痩せたね。」と言ったら、嬉しそうな顔をした。ここで、冗談だよと言 …

no image

剣道に強くなるための名言・格言 Ⅲ

剣道に強くなるための名言・格言 Ⅲ不動智神妙録 沢庵禅師 21.3.15文責 高橋 通 沢庵禅師が柳生但馬守に与えた、剣の道を仏の教えで説いた(仏の教えを剣の道で説いた)書が不動智神妙録である。自分が …

-プロフィール-

-プロフィール-

名前:トオル先生

こんにちは!
プロフィールに写真を載せると言われたのですが、マンガにして貰いました。この方がピントはずれな事も平気で言えますので。
剣道を習っていて、フト是で良いのかなと思ったり、こうしたらどうだろうかと考えることがあるが、今更人に言えないで、そのままにしていて、そのうちにマアいいかとほったらかしにしている事って無いですか。
こうした時に、肩の力を抜いてお茶でもすすりながら、「是ってどう思う」と話せる部屋があれば良いなと思い、この部屋を作ってもらいました。
私が考えた事や、人に教えて頂いたことを少しずつ載せていきたいと思っています。批評は私に理解できるようにお願いします。